ほとんどのアスリートが経験したことがあるであろう「痙攣」。何故「痙攣」は起こるのでしょうか?痙攣というのは、筋肉が勝手に収縮してしまう現象で、主な原因としては・筋肉の疲労・血行不良・水分/ミネラル不足・病気等が挙げられます。しかし、これらの痙攣も、キネシオロジーテープで予防することが可能なのです。

「ん?足に違和感が…痛…あいたたたたっ!!」…走っている最中や寝てる時に、急に足が攣ってしまったことはありませんか?言葉にできない激痛が走りますよね。実は、この予期せぬタイミングで起こる激痛もキネシオで防ぐことが可能なのです。

何故攣るのか?その原因

そもそも、何故攣ってしまうのでしょうか?痙攣というのは、筋肉が勝手に収縮してしまう現象です。本来は脳で指令を出して筋肉を伸縮させるのですが、稀に無意識に収縮してしまうことがあるのです。この無意識下での痙攣は、いくつかの原因によって引き起こされます。

筋肉の疲労 

運動で筋肉に疲労物質が溜まってしまうと、外部からの刺激に過敏になり、筋肉が必要以上に収縮してしまうことがあります。また、疲労により腱紡錘という部位の働きが低下します。これは、一般的に腱と言われる部位で、アキレス腱などがこれに当たります。腱は筋肉の異常収縮を防ぐ役割を持っているので、機能が低下してしまうと異常収縮を防ぐことができなくなります。

血行不良

血行不良で疲労物質である乳酸等が溜まりやすくなったり、その部位の体温が低下したりします。そうすると、先程挙げた腱紡錘の働きが鈍くなり、足が攣る原因となってしまいます。

水分/ミネラル不足

筋肉の収縮には、水分だけでばくナトリウムやカリウムといった塩分・ミネラルが不可欠で、これらが不足すると筋肉が正常に働くことができず、痙攣に繋がります。睡眠中に攣ってしまったりするのは、寝ている際に汗をかいてしまい、水分補給ができずに脱水・ミネラル不足になっている為です。

病気

大脳や脊髄といった、筋肉を動かす部位に何らかの異常があったり、糖尿病、動脈硬化症、甲状腺、椎間板ヘルニアと言った病気によっても引き起こされるケースがあります。筋肉疲労や水分不足が原因の痙攣はほとんど一過性のものですが、何度も繰り返し攣ってしまうような場合は病気の可能性があります。

キネシオで防ぐ痙攣

筋肉疲労、腱の異常、血行不良等、上記に挙げたいくつかの原因に聞き覚えはありませんか?実はこれら、今までキネシオロジーテープで改善できると紹介してきた効果の一部なのです。
方法は簡単で、腱から筋肉にかけてキネシオロジーテープを置くように貼る。これだけでいいのです。

一つの例として、よく痙攣が起きる脹脛のテーピングを載せておきましょう。

アキレス腱から両側に広がる脹脛の筋肉の上に貼られています。以前ご紹介した疲労回復の為の脹脛テーピングと似ていますね。アキレス腱の上を通っているかいないかの違いだけです。

マラソンやサッカー選手等、このテーピングするだけで格段に足が攣らなくなったという人が多数おります。是非、一度キネシオを貼って練習・試合に臨んでみてください。

 

Pocket
LINEで送る