成長期に最も多い怪我の一つと言われているのがオスグッド病。痛みに悩まされ、思うようにプレーができない子供達が多く存在します。しかし、この障害に対しての効果的な治療法に関してはまだまだ研究の余地がある現状。今回はそんな怪我をキネシオロジーテープで緩和する方法をお教えします。

前回のコラムでは、成長痛に関して述べました。今回は「成長期の人に多い痛みや怪我」の中で、特に発症頻度の高い「オスグッド病 (=Osgood-Schlatter Disease)」に対してのテーピング法をご紹介していきます。

オスグッド病は、バスケットボール、バレーボールなどのジャンプや、野球、サッカーなど走る動作の多いスポーツでよく見られます。

サッカーやバスケ等で発症するオスグッド病とは?

スポーツに関わったことのある人なら、オスグッド病という名を一度は聞いたことはあるかと思われます。小学校から高校生にかけてよく起こる障害。腱や筋肉の成長より太腿の骨の成長が早いと、その腱や筋肉が付着している膝の下の部分が上方に引っ張られてしまいます。

成長期の子供の膝下部位はまだ柔らかいので、この引っ張られた状態で激しい運動を繰り返すと、膝下部位を何度も引っ張ることになり、結果的に痛みや腫れを生じてしまいます。場合によっては、張力が強すぎて、骨や軟骨の一部が剥がれてしまうなんてことも。

上述したようにサッカーやバスケ、バレーボールのほか、ジャンプや走る動作の多いスポーツでよく見られ、動作中はもちろん、押したりすることで痛みが生じるのが特徴です。完治するまでの期間には個人差があり、どれだけ休んでも治らない子も稀にいます。

指導者の方々もオスグッド病に対する知識はあまり深くなく、「我慢すれば治る」とか、「誰でも経験する怪我だから気にしなくても良い」といったような事を言う方が未だ存在しているのも事実です。

膝に偏った負担がオスグッド病の原因

大きな原因の一つに、使い過ぎが挙げられます。膝の下の骨に何度も張力がかかるのに対し、体の回復が追いつかないと痛みが発生します。また、競技特性や生活習慣、癖によって体のバランスが崩れている人や、股関節・腰・肩までの柔軟性が低い人等は、膝に偏った負担がかかってしまい、痛みが引き起こされることもあります。

オスグッド病の痛みを緩和するキネシオロジーテーピング

ここでは、そんな痛みに悩んでいるお子さんを手助けするテーピングをご紹介していきます。

1. 膝の角度調整

ジュニアアスリート、キネシオテーピングでオスグッド病の痛みを緩和-膝の調整絵のように膝を曲げるます。

この時、痛みが伴ってはいけません。痛みが出ない角度まで曲げます。

 

 

 

2. キネシオロジーテーピング

キネシオロジーテープは3枚使用します。以下を参考に適度な長さのキネシオテープを用意しておいてください。

2-1. キネシオロジーテープ1 – 片側から貼る

ジュニアアスリート、キネシオテーピングでオスグッド病の痛みを緩和-貼り方その一膝下の骨の出っ張っている部分と膝のお皿の間を通るようにして、太腿まで斜めに貼っていきます。

膝下の出っ張っている部分にテープの端が少しかかるようにする。

キネシオロジーテープを貼る時は引っ張ってはいけないことに注意してください!

 

 

 

 

2-2. キネシオロジーテープ2 – 反対側から貼る

ジュニアアスリート、キネシオテーピングでオスグッド病の痛みを緩和-貼り方その2逆の方向から、膝下の骨と膝の皿の間の部分で「X」になるよう、同じようにテープを貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

2-3. キネシオロジーテープ3 – 真横に貼る

ジュニアアスリート、キネシオテーピングでオスグッド病の痛みを緩和-貼り方その3

膝下の骨と膝のお皿の間にテープを真横に貼る。

これは、痛みの出ない程度に押し付けてください。

 

 

 

 

 

 

 

痛みを緩和させる以前にオスグッド病を発症させないために

痛みを緩和させる以前に、怪我を発症させないのが一番です。

普段からの正しい姿勢を意識し、太腿や股関節の筋肉をストレッチすることを心掛けてください。また、キネシオロジーテープはあくまでもサポートのアイテムです。テーピングで痛みが取れることはあっても、それで完治することはありません。テーピングで痛みを緩和しながら、怪我の根幹を治療していきましょう。

Pocket
LINEで送る