以前、サッカーのフィジカルトレーニングにおいて、個々で行うべきトレーニングがあるという話をしました。今回は、その中でFWの選手に要求される動きのトレーニングをご紹介します。

FWに求められる能力

FWが何よりも優先すべき仕事は「点を取る」こと。

そして、その為には「点」を生み出すシュートを打つことが必要になります。

  1. ドリブル力
  2. キープ力
  3. 突破力

等々…他にも数多くの能力を挙げられますが、これらはシュートを打つ為、そして点を取る為の「手段」の一つでしかないのです。

シュート力はもちろんのこと、オフ・ザ・ボールで優位な状況に持っていけるか?

「シュートの上手さ」も重要ですが、ここではあえてフィジカル面だけに焦点を当てます。

数ある能力の中で、特にFWに求められる能力は「オフ・ザ・ボール(ボールを持っていない時にマークを外してフリーになる動き)」と言われる物です。

FWは、基本的に相手の守備選手に張り付かれ (マークされ)、自由に攻撃できないようにされています。従って、このマークを外し、自由に攻撃できるような状態になれると、フリーで、ゴールにより近い位置で、シュートすることができます。

DFのマークを外す動き

では、マークを外す動きとは、具体的にどういった動きでしょうか?

下の動画の一例をご覧ください。

<引用元:Youtube>


ゴールを決めたスアレス選手。

  1. パスが出る前に
  2. 首を振って一瞬で状況を確認し、
  3. 後ろに少しだけ動いてますね。

これがマークを外す動きです。

マークを外す際に共通する能力

他にもプルアウェイなどマークを外す動きもありますが、これらの動きに共通する能力は、

  • 一瞬で数歩だけ動く
  • 状況を判断してどの方向にもいつでも動ける
  • 一瞬動いた後もバランスを保つ

といった点です。

もちろん、相手選手との駆け引きも重要ですが、その感覚は試合や実践練習でしか培われません。しかし、身体の動かし方や体重移動の感覚は、フィジカルトレーニングで養うことができます。

一般的に「Body Coordination=ボディーコーディネーション」という言葉で表される、自身の身体をコントロールする能力です。

オフ・ザ・ボールを研ぎ澄ますためのFW向けトレーニング

具体的にどういったトレーニング有効なのかを見ていきましょう。

敏捷性や瞬発力を鍛える

<引用元:Youtube>

スラロームやラダーを使って敏捷性や瞬発力を鍛えるトレーニングです。

これはよく見られますね。最近では、総称してファンクショナルトレーニングと呼ばれたりもしています。これらももちろん重要なトレーニングです。

実践環境のなかでトレーニングすることが最も大切

しかし、本当に大事なことは、ここで得た能力・動きを「実際のプレーの中で活かす」ということです。実際のプレー中でフリーになる際には、いつ、どこへ、どのスピードで動くかを瞬時に判断し、無理な体重移動や向きの変化を起こす必要があります。

<引用元:Youtube>

STROOPSという器具を利用して、動きの中で負荷をかけてトレーニングしています。

動きながら伸張力を利用することで、普段認識している以外の負荷が体にかかります。向きや距離によって負荷の強さや方向が変わるので、その都度身体をコントロールする必要があります。

実践に近い環境を作って練習をすることで、状況に合わせて脳から適切な指令を出せるようになり、実際のプレーに活かすことができるのです。

CNC MAGでも、これまでも何回も体幹トレーニングだけではパフォーマンスは上がらない、実践の環境のなかで体幹と運動連鎖をトレーニングしなければならないことをお話ししてきました。

海外トップクラブは既に取り入れている

最後の動画で使用されていたSTROOPSという最新器具は、体幹と運動連鎖を、実践環境のなかでトレーニング可能なイクイップメントです。海外ではサッカーだけではなく、NFL、NBAなどあらゆるスポーツで使用されているファンクショナルトレーニングツールです。

サッカーでいえば、マンチェスター・ユナイテッドなどでも取り入れられています。下記記事では、マンU時代の香川選手もうつっていますが、オレンジ色のチューブがSTROOPSです。

参考:LVG toughens Man United players at “boot camp”

このように、海外トップクラブは既に組織として、体幹と運動連鎖に着眼した最先端のフィジカルトレーニングを組み入れ、個々の選手のフィジカル強化を実施しているわけです。全体が強くなるはずです。

なお、最後に宣伝となりますが、 STROOPSに関してのセミナーが12/7 (月)に京都にて開催されます。チーム全体としてフィジカル強化を真剣に考えている方、ご興味のある方は、是非ご参加ください!

下記URLからお申込み可能となっております。

関西地区 京都市右京区 2015年12月7日(月)

次回はSH・SB編をご紹介していきます。

Pocket
LINEで送る

水川 敏宏
アメリカのカルフォルニア州立大学ノースリッジ校卒業。 専門はストレングス・コンディショニング。サッカーをはじめ、多種目のスポーツ選手の怪我予防・リハビリ・トレーニング指導を行っている。トップアスリートだけでなく、老若男女、人種問わず、全ての人々を対象に幅広く活動。トレーナーの知識や技術はプロだけでなく、全ての人が受けることのできる恩恵である。怪我をしたがどうすればいいのか分からない。何のトレーニングをどう行えばいいのか分からない。どの情報を信じていいのか分からない。そんな“分からない”を失くす為、Change the Value of Sportsを信念に、株式会社CORE ‘N CODEでスポーツの浸透と普及を目標に日々精進中。STROOPS FUNCTIONAL PERFORMANCE TRAINER.